身体の不調を感じたら~心療内科でスッキリ改善~

話を聞くカウンセラー

身体的な症状

心療内科は増えています

頭を抱える男性

心療内科は心身症の症状を治療することが基本です。つまり身体的な症状があり、それがストレスなどが原因の場合に治療を行う科目です。専門科目なので、精神科医でも心療内科を学んだ人でなければ正しく治療を行うことができません。また内科医でも心療内科を学んでいなければ正しい治療を行うことができません。たとえば胃が痛いときに内科で検査を行い、病気が発見されなければ、心身症として心療内科で治療を受けるということです。 東京都内には心療内科を標榜科目としてあげているクリニックや病院は800か所以上あります。総合病院や大きな病院でも心療内科が設置されており、また街の一般開業医でも心療内科を標榜しているクリニックは増えてきました。東京であれば、比較的自由に自分に合った心療内科を探すこともできます。

医師を選ぶことも大切です

東京では大学病院や総合病院でも心療内科の設置が増えています。心身症を治療しますが、なかには精神科医の治療の方が向いている場合もあります。不眠は身体症状ですが、悩みがあったり、ストレスがあったり原因がはっきりしている場合は心療内科でも治療を行ってくれます。逆に、不眠の原因がわからない、あるいは精神的な疾患の場合があるため、精神科医の治療が必要な場合もあります。両方の科目の連携のある病院が向いている場合もあります。 心身症の治療ですが基本的にはカウンセリングなどの時間のかかる治療は行っていません。そのため、治療してもらっても、自分の状況を説明する時間がないということもあります。話をしたい場合には、カウンセラーや心理士を紹介してもらう方法もあります。 有名な医師や人気のある医師では、予約がとりにくいということがあります。名医と評判でも自分と相性がいいとは限りません。東京には多くのクリニックがあります。自分と合う医師を探すことも大切です。