身体の不調を感じたら~心療内科でスッキリ改善~

話を聞くカウンセラー

多くの人が抱える悩み

東京の心療内科について

相談するサラリーマン

東京の心療内科について。 東京はストレスが多い都市です。人ごみに溢れている割には、人同士はサバサバしています。仕事も厳しく、競争も激しい。そのような都市に生きる上では、ストレスを感じないこと自体が難しいというものです。 東京は心療内科が多いです。それは大都市というだけでなく、ストレス社会ゆえの需要の大きさという点も無視できないでしょう。 心療内科に通う前には、自身の症状を明確にしておく必要があります。気分が優れない場合、身体的異常がないか、ストレスの自覚はあるか、その原因に気づいているか等です。今は雨季ですが、雨季はうつ病になる人が増えるといわれています。日光に浴びる機会が減り、セロトニンの分泌が減ると、身体のメカニズムに異常が発生するからです。

都市のストレスと向き合う

東京に住むためには、都市のストレスと上手に向き合うことが大切です。 前述したように、都市にはストレスが溢れています。人のつながりが薄く、絆も弱く、愛情が育みにくい環境だからです。 そのような都市に住みながら、健康的な生活をしている人、心療内科など通ったことがないという人は、一体どのような生活をしているのでしょうか。 一説によると、愛情深い人は、日々の中で幸福を感じやすく、うつ病になりにくいといわれています。自分だけではなく、他者を愛するということ。それこそが心身の健康を保つための鍵なのだそうです。確かに、人は他者を思いやるとき、幸せな気持ちになります。そのような状態を日ごろから維持できれば、都市に生きていても、ストレスを感じにくいのかもしれません。